優良風俗の見分け方

キリがない部分だと思うんです

どれだけ風俗を楽しめるのかは、結局の所どれだけ自分が風俗を楽しもうとするのか。前向きな気持ちになれるのかどうかという点に尽きるんじゃないのかなって思っているんですよね。なぜなら、風俗は機械を相手にするものではないですし、もっと言えば自分のために楽しむものじゃないですか。それもあるので、風俗は「楽しませてもらう」じゃなく、自分も一緒になって楽しもうとする気持ちを持つことこそが大切だと思うんです。むしろその気持ちを持つことによって、女の子もこちらへの警戒心を解いてくれるんじゃないかなって思うんですよね。それこそ「この女の子と楽しめるのかな」とか「今日の女の子はあまり好みじゃないから楽しめないだろう」みたいな気持ちで向き合っても絶対に楽しめないと思うんですよね。だから警戒とかしたら勿体ないというか、自分でどうやって楽しめるのかを踏まえたうえで風俗嬢と向き合うようにしています。結局それが何より大切だなって。

頑張るからこそいいんですね

一つの結論として、頑張ってくれる風俗嬢だからこそいいのかなって思うようになりました。どれだけハイスペックな風俗嬢でも、頑張ってくれなければ宝の持ち腐れじゃないですか。やる気がなければ、それらの武器は結局眺めて終わってしまうんです。それじゃもったいないですよね。それよりも、どういった形で楽しませてくれるのか、やる気を出してくれる方がこちらの満足度は絶対に高いと思うんですよね。これが自分のこれまでの風俗経験の中で導き出した答えでもあるんです。単純に考えて、風俗だってサービス業じゃないですか。客商売であることは間違いないんです。だからお客相手にどれだけ頑張ってくれるのかもまた、大切なことなんじゃないかなって思うんですよね。だから風俗ではどれだけ頑張ってくれる女の子なのかで判断しますけど、そのための判断材料はフロントなんです。ホームページを見ても頑張りなんて分かりませんけど、フロントに聞くと分かるんですよね。